0

Windows7のサポート短縮

Posted by Koumei on 2016年2月7日 in Windows10, パソコン一般, 話題 |

 Windows7は2020年1月まで、Windows8.1は2023年1月までサポートされますが、一部の例外が発表されています。

 第6世代コア(Skylake)搭載パソコンについては、2017年7月17日で終了とされました。
 その後も緊急度の高いセキュリティー対応はされるそうです。
 
 第6世代コアの性能を使い切れないため、Windows10へ移行させるためらしいです。
 
 コアの世代は、「CORE i7 6xxx」といった型番の最初の数字で分かります。
  「CORE i7 6xxx」なら第6世代
  「CORE i7 5xxx」なら第5世代
  「CORE i7 4xxx」なら第4世代

 もし、第5世代以前のCPUの場合なら最初に書いたサポート期限までとなりますが、第6世代(最新)の場合はサポートが短くなるわけです。

 こういうのって最初に示すべきものでしょう。
 もっとも、Windows10のダウングレード権でダウングレードしているものばかりでしょうから、ダウングレード権の制限が発表されたとも言えるわけですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *

Copyright © 2009-2020 Koumei Soft 開発ログ All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.