0

Android OS のシェア

Posted by Koumei on 2015年3月20日 in Windows8, スマホ・タブレット, パソコン一般, 話題 |

 Android のバージョン別シェアについてです。

 古い 2.2(Froyo)と2.3(Gingerbread)を合わせて7.3%で、残りは4.0以上になってます。

 4.0(Ice Cream Sandwich)は5.9%と少なく、4.1・4.2・4.3(Jelly Bean)が42.6%、4.4(KitKat)が40.9%、最新5.0(Lollipop)は3.3%でした。
 ちなみに4.4で潰された一部アプリからSDカードへのアクセスが5.0では復活しています。

 ソース:https://developer.android.com/about/dashboards/index.html

 
 アプリなどでは2.3以降というのが多いですね。
 4以降、中には4.4じゃないと動かないものもありますが。

 2.3以下は無視してもいいのかもしれません。

 
 Windows XPのシェアが上がっているのを御存知でしょうか。
 増えてるんです。

 18.9%もあります。
 これ、Windows 7の55.9%より圧倒的に少ないですが、Windows Vista(2.4%)、Windows 8(3.8%)、Windows 8.1(10.0%)を全部合わせたよりXPが多いという凄い数字なのです。
 私も自宅はXPですし。

 Windows 7も延長フェーズに入ってますから、Windows 10に期待したいところです。

 XPはサポート終了してますが、新規にインストールすると、これまでのパッチは自動更新されます。
 危なくないということはないんですが、せいぜい欧米への旅行くらいの危険度でしょう。
 
 XPでは動かないものもあります。
 けれど、誰も文句は言いません。
 サポートが終わっても使っているんですから。

 およそ2割を切り捨てていいなら、Android 2.3以下の7.3%は切り捨ててもいいでしょう。
 実際、2.2.1のを持ってますが、動かない・対象外なんて慣れっこですから。
 (ちなみに4.0と4.1のも持ってます) 
 
 
 スマホやタブレットの寿命は2年くらいだと思っています。
 バッテリーがダメになりますから。

 バッテリー交換が安価にできるものなら使い続けることも考えますが、新しいものと大差ないなら、新しいのを買いますよね。
 
 だからパソコンとは違い、古いものが消えて行くのは早いと踏んでいます。

 
 別の記事に関連したことを書いていますので、併せてどうぞ。
 Android OS の名前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

キャプチャ *

Copyright © 2009-2020 Koumei Soft 開発ログ All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.